AYAKO

心の中に薔薇色の色眼鏡を持つ。

心の中に薔薇色の色眼鏡を持つ。

ピンクは無条件の愛の色であり、世界がもっとも必要としているもの。
— ヴィッキー・ウォール

オーラソーマの創始者ヴィッキー・ウォールは「大切なのは、think pink=ポジティブに考えること」だと言い、「ピンク色の中で考えれば物事は解決する」と言っていたそうです。

色のエネルギーに通じた彼女は、ピンクを「無条件の愛の色」と定義しています。「think pink」が本当に意味するのは、愛の中で考え、愛の眼差しで世界を見る、ということでしょう。

いつも無条件の愛を心に、世界を眺めていることができたら、この瞬間はもっと楽しく、人生はもっともっと幸せなものになっていくに違いありません。

不安な時や、恐れに飲み込まれそうな時には、まず深く深呼吸。それから心の中で薔薇色の色眼鏡をかけて、ゆっくり世界を見渡してみてほしいのです。

愛の眼差しで眺めれば、世界は思っていたよりもずっと素晴らしいと気がつくでしょう。恐れの中に居るうちは、それに気がつくことができないのですね。

だいたいのことは必ずうまくいくようにできているもの。本当は、リラックスして気楽に構えていて大丈夫なのです。

心の中に薔薇色の色眼鏡を持っていれば、いつだって最高の気分になれる。

「think pink」は、自分もみんなも幸せにしてくれる、とっておきの魔法なのです。


惑星のエネルギーを受け取ろう。

惑星のエネルギーを受け取ろう。