AYAKO

夏の薔薇、なるべく長く愉しむには?

夏の薔薇、なるべく長く愉しむには?

お花屋さんに行くと、色んな種類の薔薇がありますね。

できるだけ長く愉しみたいものですが、暑い部屋に置いておいたら翌日にはぐったりしてしまった、という経験をお持ちの方も多いと思います。

同じ薔薇でも品種によって、花持ちがずいぶん違うため、夏場に薔薇を買う時は「茎が太くてしっかりした品種」をおすすめします。

茎は、言わば水を吸い上げるストローのようなもの。太くてしっかりしていれば、それだけ水を吸い上げる力が強いのです。

逆に、茎が細くて頭が重い(花弁が多く花も大きい)タイプは、水が下がりやすいので、夏場はなるべく涼しい場所に置くなどして気をつけてあげてください。

買ってきたばかりの花は、花びらの一枚一枚までしっかりと瑞々しさが感じられます。この触感を覚えておき、花びらに軽く触れた時に少ししんなりしたように感じたら、茎を短めに切って、しばらく花首まで水につけておくと、元気を取り戻します。

そして、夏場はなるべくこまめに水を替えます。水を替えるたびに茎を切っていくようにして、切り口を元気な状態に保つと比較的長く愉しめます。水に浸かっていた部分が弱っている時は、その上の元気な部分まで切ってください。

個人的には延命剤を使うのは好みではないのですが、やはり夏場に延命剤を使うと花持ちがぐんと良くなります。延命剤を使う場合はお水を替えなくてもよいのですが、暑い時は水の温度が上がりやすいので気をつけてくださいね。

暑い季節には、花持ちが悪くなるのは否めないのですが、価格も少し下がることが多いので、一度に買う量を減らして、こまめにお花屋さんに通うようにするのもおすすめです。

化粧水とオイルだけのシンプルなスキンケア

化粧水とオイルだけのシンプルなスキンケア

お鍋で大切に炊く、美味しいご飯