AYAKO

安心して使えるバスボムのレシピ

安心して使えるバスボムのレシピ

一日の疲れの70〜80%は、熱いお風呂にさっとつかるだけで取れるのだと教えてもらってから、どんなに疲れている時も必ずお風呂につかるようにして、次の日に疲れを残さないようにしています。

入浴剤も大好きで色々試したのですが、市販の入浴剤の多くは、着色料や添加物がたくさん入っています。特に、よく温まる発泡性の入浴剤には無添加のものはなかなかありませんし、入浴剤って高価ですよね。

そこで、安心して使えるものを求めて手作りするようになりました。

手作りのバスボムは、びっくりするぐらい簡単で、材料費も驚くほど安くすみます。いつも1〜2週間分をまとめて作っているのですが、慣れると作業自体は10分もかかりません。

固めるための型は何でもよいのですが、丸い氷を作るためのシリコンの製氷器を使うと、写真のような丸いバスボムを作ることができます。

材料は重曹とクエン酸と海塩のみ。すべて食用の材料なので、安心です。塩は精製していない海塩を選んでくださいね。

このバスボムを入れたお風呂に入ると血行が良くなってよく温まる上、汚れや老廃物が落ちやすくなる効果もあります。

香りを付けたい時は、お風呂に入る直前に、バスボムにお好みの精油を2〜3滴垂らしてください。

Recipe

〈バスボムの材料〉

  • 重曹2カップに対し、クエン酸と海塩を各1カップ(*すべて食用のもの)

〈バスボムの作り方〉

  1. 材料をすべてボウルに入れて、泡立て器などでよく混ぜます。
  2. サラサラの状態から、少ししっとりして、混ぜる手がやや重く感じたら全体が混ざった合図。
  3. 好みの型にぎゅうぎゅうと詰めて固めます。
  4. シリコン型の場合は一日程度そのままにして固まってから取り出します。金属やプラスチックの型の場合は、型からすぐに取り出し、一日程度乾かします(膨らんで型から外れなくなるため)。

湿度の高い雨の日には固まりにくいため、長めに乾かすか、できるだけ晴れの日に作るのがおすすめです。


空き瓶で、カジュアルな一輪挿し

空き瓶で、カジュアルな一輪挿し

ディズニープリンセスに倣う、幸せの見つけ方

ディズニープリンセスに倣う、幸せの見つけ方