AYAKO

ヴィンテージの青いメイソンジャー

ヴィンテージの青いメイソンジャー

BlueMaisonJar.jpg

水を青い瓶に入れて太陽の光にあてておくと、浄化されるとか、水の波動が整うと言いますね。

だからという訳ではないのですが、古い時代の青いMaison Jarが大好きで、アメリカに行くたびに買ってしまいます。個人宅のガレージセール、ジャンクヤード、アンティークモールなど、古いものを売っている場所を通ると、ブルージャーが売っているかが気になって、ついチェックしたくなるのです。

同じBall社のものでも、時代によって微妙にロゴの形や瓶の形状が違うのもまた楽しくて、毎度探しているうちに「目利き」になってきました。もう今は無くなってしまったメーカー、ATLASのロゴも好みです。およそ100年も前に作られたものだと思うと、一層愛着が湧いてきます。

金属の蓋のついたものは、主に保存瓶として使っていますが、ガラス蓋のタイプは、蓋を外して花瓶として使うのが気に入っています。

花を生けた時、ブルージャーの青を美しいなぁと思うのです。

IMG_8370.jpg
IMG_4265.jpg
三宅洋平の言葉

三宅洋平の言葉

空き瓶で、カジュアルな一輪挿し

空き瓶で、カジュアルな一輪挿し