砂糖が良くないのは、血液がベタベタになって血流の悪化と低体温を招くから

砂糖が良くないのは、血液がベタベタになって血流の悪化と低体温を招くから

癌、特に乳がんの食事療法では、たいてい、白砂糖と乳製品は摂ってはいけないと言われます。砂糖を摂ると、本来ならサラサラと流れている血液中の赤血球が、ベタベタとくっついて団子状になってしまい、本来の動きができなくなるのだそうです。

ケイシー療法で癌を治した藤岡耕子さんのお話

ケイシー療法で癌を治した藤岡耕子さんのお話

聡哲鍼灸院の聡哲先生が主催の「ケイシー療法でがんを治した藤岡耕子さんのお話しを聞く会」に参加しました。ご自身の子宮がん、息子さんの重度のアトピー性皮膚炎、そして娘さんの頬にできた隆起性皮膚線維肉腫をケイシー療法で治したという貴重なお話を聞いてきました。

半日断食と、腫瘍の自己融解

半日断食と、腫瘍の自己融解

「断食によって、腫瘍が自己融解する」と知って、探していた答えはこれだと思いました。改めて甲田光雄先生の「奇跡が起こる半日断食」を読んで、半日断食のやり方を見直し、実践中です。