わたしたちの常識

「病気は治るものだし、自分で治せる。それがわたしたちの常識だけど、人に伝えるのは難しいね。」

ある時、友人がそんなことを言いました。

自分の癌が見つかってから、わたしは、このことを痛感していました。

それでもわたしの周りには、こうやってわかり合える友人がいたり、理解してくれるパートナーがいたので、随分と助けられました。

彼女とは、スピリチュアル・カウンセラーのみちよさんの講座で「同じ釜の飯を食う仲間」でした。

師匠のみちよさんにも乳癌の報告をしましたが、「自己治癒の道で思いの力を試してください」とお返事をもらって、わたしは「やはりこれで良いのだ」と自信を深めました。

病気は、心がつくるものです。病気をつくっているのは自分なので、治すことも自分で出来ます。このことには、病気の大小は関係ありません。

癌の自己治癒とか、代替療法で治療すると言うと、特別なことのように思われることもありますが、そもそも病気を治す力の根本は、自己治癒力や自然治癒力です。

その自己治癒のサポートのために、自分に合った治療法を選ぶのです。

たとえその治療に、手術や抗がん剤治療を選択したとしても同じことで、病気を治すのは自分です。

だから、症状だけを取り除く対処療法のみでは、病気は治りません。

怪我や感染などの事故の場合は、対処療法で治癒します。なぜなら、根源的な原因が無いからです。そして、研究もよく進んでいます。

癌については、大金を投じて研究しているにも関わらず確実な結果が出ていません。それは、癌を異物扱いし、取り除くことにフォーカスし過ぎているからではないでしょうか。

その不確実な治療に、また大金が投じられます。健康保険が適用されるため、大金を投じている感覚が少ないかもしれませんが、保険診療のお金の出元は、わたしたちが払った保険料と税金です。

100歳を超えても元気だったお年寄りが老衰で亡くなった時、解剖をすると、その身体の多くに癌が見つかると言います。癌は、見つかったからと言って、慌てふためいて取り除かないといけないような、怖いものではないのです。

癌は、一カ所に固まることで、ほかの部分が深刻な病気にならないように守っているのだという話も聞いたことがあります。

癌が見つかるサイズになるまでには、何年もかかると言います。何年もかけてつくった生活習慣病なのだから、生活を見直せば治ります。

だからこそ、「いま、見直して欲しい」という時に、癌が出て来るのだと思うのです。

わたしたちの多くは、癌を恐れ過ぎて、取り除こう、取り除こうとして、自分の臓器まで取ってしまいます。そして、不安を取り除くために抗がん剤治療を重ねて、元気だった人が重病人になっていきます。

途中で「おかしい」と気が付いたとしても、その時には身体はダメージを受けていて、正常な自己治癒力が働かない状態に陥っています。

医師は三大療法をやり終えると、「手の施しようが無い」と言って、余命を告げてようやく患者を解放します。ちなみにこの時、余命はあえて短めに告知されるそうです。

これが、わたしが癌になって初めて知った、日本の癌治療の実態です。

なぜこれがまかり通るのかと言うと、これが、多くの人にとっての常識だからです。

人をどんどん追い込んでいくような医療が、本当の治療なのでしょうか?

わたしの乳癌は、見つかってから二ヶ月が経ちました。

生活や食事を根本的に見直したおかげで、わたしは以前よりずっと元気で、肌も綺麗になりました。いつも低過ぎた体温は人並みにまで上がり、諦めていたそばかすまで取れ始めたほどです。

周囲のサポートのおかげで、働きながら治療出来ているので、生活の不安もありません。出費は多くなりましたが、その代わりに今までには得られなかった体験をしています。

死と向き合ったことで、これまでとは違う視野を持つようにもなりました。

病気を根本から治すには、病気になった原因、それから自分自身と、ちゃんと向き合っていくしかありません。

癌が見つかったら、慌てふためくのではなく、腰を据えて、自分の生き方や暮らし方を見直すことです。

癌に限らず、ほかの病気だって同じだと思います。

わたしたちは、自分を死なせるために病気になるのではなく、自分をもっとよく生かすために病気になるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA