乳癌と米ぬか酵素浴

乳癌と米ぬか酵素浴

行って来ました、米ぬか酵素風呂。

ポカポカで、気持ち良かった!

知らなかったのだけど、小林麻央ちゃんも米ぬか酵素浴をしていたそうで、癌の患者に、代替療法や術後の緩和ケアとして人気があるんですね。

乳癌が見つかってすぐの頃には、代替療法の情報収集を熱心にしていたのですが、治療の方針を決めてからは、あれもこれもと手を出して「治療法ジプシー」のようになるのは避けたいという思いがあって、普段の暮らしに取り入れて自宅で出来ること以外は、あまり試して来ませんでした。

自由診療にはお金もかかるので、継続できることを選びたかったのです。

今回はたまたま、風邪気味なのに自力で熱を出せないのをなんとかしたかったのと、初回1,000円(!)というキャンペーンに惹かれて行ってみたのですが、行って良かった。

肋間神経痛が治って、癌が治癒のフェーズに入ったように感じたのも、行こうと思えた理由のひとつでした。

昨日書いたように、「毒を排出して、コリを緩めれば治りそう」という思いがあって、効果のありそうなことを何かやってみたかったのです。

お店は、受付からすでにポカポカ。米ぬかは、発酵熱だけで70℃まで温度が上がるのだそうです。「ぬか」とか「発酵」とか、キーワードだけでも良さそうな感じですよね。

カルテに「乳がん」と記入したところ、担当してくれたお店の人が「わたしも同じ病気(癌)だったんです」と話してくれて、ぬかの掛け方など気遣ってくれました。ありがたかった。

「入会すると二回分が無料になります」と聞いて、「なんと太っ腹なんだ」とびっくりしたのですが、「こんなによくしてもらって、うれしいけど店は大丈夫なんだろうか」と心配になっていると、ちょうど同じ金額分の年会費がかかる仕組みになっているとわかって、なんだ上手い仕組みだな、と安心して大満足で入会して来ました。

肝心の癌への効果ですが、終わってすぐは、しこりが少し赤くなったように見えて冷や冷やしたのですが、心なしか触り心地がソフトに感じるような…

少なくとも悪くはなさそうです。

とりあえず、様子を見ながらですが、少なくともあと二回は行ってみようと思います。

Leave a Reply

emailが公開されることはありません

CAPTCHA