脇こりと、味噌作りでの失敗

脇こりと、味噌作りでの失敗

困っていた脇こりを、思わぬことで悪化させてしまいました。

原因は、味噌作り。大しゃもじでせっせと大豆と麹を混ぜていた時は楽しかったのです。まさか、その動きでダメージを受けているとは思いもしませんでした。

だけど、ママ先生にコリをほぐしてもらいながら、その動きを再現すると、たしかにその動作で動く筋肉が痛いのでした…。

肋間神経痛に始まり、ずっとあちこちが痛い状態が続いています。健康な時ならちょっと疲れたり、軽い筋肉痛で済むようなことが、どうしてこんなに大ごとになってしまうのか。

不思議に思ってママ先生に聞いてみると、しこりのある左胸の周囲は固まっているので、通常は胸部全体の筋肉が連動して動くところが、健康な右側だけが動くことになる。そのハンデがあるので、負担が大きいのだと教えてくれました。

やっと腑に落ちた気がしました。

こうして理由がわかると、余計な不安も無くなるし、何に気をつければいいのかもわかってきます。

症状をただ抑えるのではなくて、原因を探ることは、やっぱり大切だと思います。

それにしても、健康な時にはわからないことが、沢山あるなぁと思います。

わたしはママ先生の施術を習ってもいるので、こうして覚えることは自分の体が教材になっているようなもので、貴重な体験ではあるのですが、もうそろそろ辛いのは嫌だなぁ、と本当に思います。

味噌作りから約ひと月。脇こりもだいぶ良くなってきたので、今度こそ順調に行きたいものです。

大しゃもじを持ってご機嫌だった時。まさかこれが脇こり悪化の原因になるとは…

Leave a Reply

emailが公開されることはありません

CAPTCHA