しこりによるコリの無限ループと月の礼拝

身体がだんだんと健康になるにつれ、しこりが異物化して「重い」と感じることが増えました。

しこり自体が大きくなったというのではなく、以前はわたしの身体の一部だった癌が、いまは「捨てるべきゴミ」としてくっついていて、しこりの下には、健康なおっぱいが存在しているような感覚です。

こうなってから特に、しこりの重みで胸筋が痛むことが増えました。長時間起きているとだんだん辛くなってくるので、時々横になったり、それが難しい時は胸を開くような動きをして、胸の筋肉を固めないように気をつけていますが、ちょっと油断すると痛くなっていることがあります。

ブラジャーを着けると重みは少し軽減されるのですが、出血している時など、その日のコンディションによっては締め付けが辛いこともあるので、様子を見ながら、その日、一番過ごしやすそうな下着を選んでいます。

眠る時は、横向きに寝ると、重みでだんだん痛くなってきます。それでいつも上向きでお行儀良く寝ているのですが、寝返りを打たないので、朝起きた時に首や肩がガチガチに固まっていることが多いのが悩みです。

しこりが原因の首・肩と胸のコリ。ほぐしてもほぐしても、コリの原因になっているしこりが存在する限り、また凝ってしまうという、コリの無限ループ。きっと乳癌を患っている人はみんな、同じような悩みを抱えているのではないでしょうか。

近頃は、朝起きたらまず、ヨガの「月の礼拝」のシークエンスを一回して、身体を伸ばすようにしています。

ヨガ・インストラクターの友人から、朝起きたら一回だけ「太陽礼拝」をしているという話を聞いたことがあって、「一回でいいならわたしもやってみよう」と思って始めたのですが、その気軽さがよかったみたいで、わりと続いています。

一回だけだと、丁寧にやろうとするので、それも良いようです。

「月の礼拝」を選んだのは、シバ・レーのDVDを見て、自分にとって(太陽礼拝よりも)やりやすいと思ったから。

しこりがあると、うつ伏せになるようなポーズはやりにくいので省いて、無理のない範囲で、身体を伸ばすようにしています。

シバ・レー YOGA-Lunar Basics- [DVD]

月の礼拝が終わったあとは、元気があれば(体に痛いところがなければ)ママ先生の気功の八段錦を行うのですが、最近はあちこち痛めていたので、サボり気味でした。

コリがひどくて動かすのが痛い時は、アビヤンガ(太白ごま油のマッサージ)をします。首・肩やデコルテを軽く撫でるようにマッサージしてからゆっくりお風呂に入ると、いくらかラクになるのです。

朝からヨガをしたり、マッサージをしたり、なんとも優雅な治療生活にも思えますが、本当は誰もが、こういった自分の身体と向き合う時間を持つことが大切なんだろうなと思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA