続・しこりの出血のケアと、ビワの葉エキス

続・しこりの出血のケアと、ビワの葉エキス

昨日はキズパワーパッドを貼って仕事に出掛けたのですが、帰る頃には、血の滲んだリンパ液が周囲に溢れていて気持ちが悪く、帰宅して早々にお風呂に入りました。

お風呂の最後にキズパワーパッドを剥がしてみると、また勢いよく出血しました。しこりの周囲をきれいに洗って、ティッシュを当てて横になって止血をしたのですが、しばらく経っても真っ黒い血がぼたっと落ちてきて、一体どれだけ出るんだろう?と思うほどでした。

ようやく血が止まるとさっぱりしていて、もう今日はバンドエイドは貼りたくないなぁと思ったので、朝作ったばかりの、ビワの葉エキスの軟膏を塗ってみることにしました。固めで、直接は塗りにくかったので、リント布(軟膏剤の塗布用のネル生地)に塗って当てて、そのまま早めに眠りました。

そうしたら、これが良かったのです。ビワの葉エキスの効果の方はよくわからないけど、血やリンパ液が沁み出してくることもなく、ずれることもなくて、快適でした。

なにより、リンパ液の匂いから解放されて、蜜蝋とココアバター、ビワの葉エキスの甘い香りに包まれているのはいい気分でした。

ただ、夜中に痛みで起きてしまったので、それをどう評価すればよいかわかりません。まぁ血がこれだけ出ていれば痛くて当たり前かとも思い、ビワの葉エキスで患部を拭いて、リント布の湿布を戻してまた寝ました。その後は痛むこともなく朝まで眠れました。

リント布が用意してあったのは、じつは、ケイシー療法のひまし油湿布をするためでした。ひまし油を肝臓に当てて温めるひまし油湿布が有名ですが、以前に読んだ「エドガー・ケイシーの癒しのオイルテラピー」という本には、患部に直接湿布をする方法が紹介されていて、それを試してみようと用意だけしていたのです。

それで、ふと「ひまし油を当ててみようかな」と思い立って、今日は、朝からひまし油湿布で過ごしています。気のせいか、痛みも和らいだような感じがして、快適です。しばらく様子を見てみようと思います。

昨夜、また海の夢を見ました(前回の話は「夢が教えてくれた身体の状態」参照)。

わたしは、いくつもの連なったパネルを見ています。そのすべてに海が写っていて、わたしはまた、泳ぎたいと思っています。とても綺麗な海で、設定はおそらく地元の海なのですが、海の綺麗さは南国っぽいと思いました。

泳ぎに行くために着替えるのですが、わたしはなぜか、20代の頃に持っていたホルターネックの水着を選んで着ました。ほかの水着はビキニばかりで、しこりがカバーできるのはそれしか無かったのです。ちょっとボロくなっていて、美しいとは言い難い水着姿でしたが、泳げる喜びのほうが大きくて、なりふり構わない感じでした。

途中で、なぜこんなに海の夢を見るのだろうと、夢うつつで思いました。砂浴療法をやってみたいと思っていたので、ひょっとして、そのせいかなぁとも思ったのですが、夢の中でのわたしの望みは前回と同じで泳ぐことでした。

いま、こうしてブログを書きながら海のことを思っても、やっぱり泳ぎたいなぁと思うのです。

Leave a Reply

emailが公開されることはありません

CAPTCHA