デトックスのためにヘアカラーとシャンプーを止めた話

デトックスのためにヘアカラーとシャンプーを止めた話

長年、髪を明るい色に染めていました。自分でももう、地毛が何色だったかわからないぐらいになっていたのですが、一昨年の春に妊娠した時、なんとなく嫌な感じがして染めるのを止めました。

結局、その時は流産してしまいましたが、デトックスの必要があると強く感じたので、できるだけ有害な化学物質を排除しようと、それを機に髪を染めるのを止めて地毛に戻すことにしました。

人は生まれる時に、どんな見た目で生まれるかを自分で選んで来るという話があります。自分が選んだそのまんまのルックはどんななのか、見てみたいような気もしました。

しばらくは根元の黒い髪が目立ってすごく嫌だったけれど、幸い、まだ白髪もほとんどないので、退色してパサパサになった毛がすっかりなくなってしまうと、驚くほど快適になりました。

染めたては綺麗だけど、しばらくすると退色してしまって、根元が黒くなって、髪がバサバサになって…というループを当たり前に続けていましたが、そこから抜け出すことが、これほど快適だとは思いませんでした。美容院の費用が半分になったので、こまめにカットに通えるようになったのは、うれしいおまけでした。

見た目に慣れるのには時間がかかりましたが、髪が元気で、つるつるしているのは気分がよいのです。自分の髪は多くて、くせ毛で、扱いにくいとずっと思っていましたが、カラーを止めてみると、まるで別人の髪のようにまとまりやすくなりました。

20年以上の付き合いの美容師の人も、髪質って変わるんだねぇと驚いています。髪の状態を見て、ハリがあって健康で、女性ホルモンがすごく出ているみたいだと言ってくれたのがうれしかった。

カラーを止めるのとほぼ同時に、シャンプーも止めました。と言っても、ノーシャンプーにする気にはなれず、わたしが選んだのは、石鹸シャンプーです。

じつは、化粧品や洗顔料などを、より安心できそうなものに替えたのが先で、シャンプーを止めたのは後のほうでした。その時に使っていたP.G.C.D.の洗顔石鹸がとても良かったので、洗顔石鹸と一緒に届いた「サボン モーヴ」というスカルプケアソープの案内に興味を持って、試してみることにしたのです。

慣れるまではキシキシするのかな?と思いましたが、意外と最初からそうでもなく、はじめはお試しセットに付いていた美容液も一緒に使っていましたが、いまは石鹸のみを使っています。

以前シャンプーを使っていた頃は、最初はすごくよいと感じても、しばらくするとそうでもなくなってしまって、定期的に銘柄を変えていました。この石鹸にしてからは、あまりにも調子がよいので変えたいと思わなくなって、もう二年ぐらい、ずっと同じものを使っています。

リンスとか、コンディショナーとか、トリートメントとか、そういったものが必要ないのも気に入っているところです。石鹸にしては価格は高めですが、これひとつで全部済んでしまうし、ショートヘアのわたしの場合、毎晩使っても三ヶ月以上使えます。

バスルームに置いてあるのは、顔と身体を洗うための石鹸と、髪用の石鹸の二つのみ。そんなシンプルさも気に入っているところです。




P.G.C.D. スカルプケアソープ「サボン モーヴ」

Leave a Reply

emailが公開されることはありません

CAPTCHA