病気の治療は二人三脚。コリをつくらない身体を目指す

病気の治療は二人三脚。コリをつくらない身体を目指す

少し前にママ先生が、病気の治療は患者さんと二人三脚なんだ、という話をしていました。

仮に先生が毎日、1時間の治療をしたとして、残りの 23時間を患者さんがどう過ごすかは、患者さんにかかっているからです。

ママ先生の治療は、病気の根本の原因を探り、その原因を断つことで、症状を取り除き、病気を治していくもの。症状をつくっているコリを一旦ほぐしたとしても、患者さんが原因を作るような行動を続けていたら、元に戻ってしまいます。

わたしもこの二年半の間に、いろんな失敗をしてきたので、この話は痛いほどよくわかりました。

つい先日も、背中をかばって脚を曲げて寝ていたら、それがむくみの原因となっていたということがありましたが(参照「足のむくみの原因は意外なことだった」)、こういった不具合の種になっている生活習慣には、自分ではなかなか気がつきにくいのです。

症状が出て、治療をしてもらいながら原因を探り、症状をつくっている生活習慣を改めていく。それを繰り返しながら、身体の使い方をひとつひとつ学んでいるような気がします。

わたしがいま取り組んでいるのは、椅子に座る時、特にパソコンを使う時の姿勢の改善です。

寝たきりになった後、背中が丸く固まってしまい、それを少しずつほぐしてもらって、ようやくまっすぐになってきたのですが、治療が終わった時にはまっすぐでも、次の治療の時には、背中は丸く、首が前に出た姿勢に、いくらか戻ってしまうのです。戻る幅はだんだん小さくなってきていますが、これは普段の姿勢を根本的に見直さないと治らないんだろうなと思いました。二人三脚の、わたしのパートをしっかりやろうというわけです。

わたしは元々、姿勢が良いほうではなくて、思春期には胸が大きいのが恥ずかしくて猫背になりがちだったし、就職してWebの仕事をするようになってからは、さらに姿勢が悪くなりました。長時間パソコンを使う人の悪い姿勢の典型で、背中を丸くして顎を前に出した姿勢で、いつも夜中までモニターに向かっていたので、若い頃は、首、肩のコリや腰痛にいつも悩まされていました。仕事の合間にマッサージや整体に行くこともしょっちゅうで、マッサージ代のために働いているんじゃないかと思うこともあったぐらいでした。

姿勢を良くしたくて骨気に通ったり、スケートボードを始めて体幹がしっかりしたあたりから徐々に改善されて、いつの間にか、マッサージや整体に足繁く通うこともなくなり、肩こりの悩みもなくなって、すっかり健康になったように思えていたのですが、乳がんが進行するにつれ、また姿勢が悩みの種になっていきました。

いよいよ治ろうと身体が動き始めているいま、これからの人生のために、このタイミングでコリをつくらない身体の使い方を身につける時なのだと思うのです。

ママ先生の教えは、例えば「頑張らない」「集中しない」「筋肉は鍛えない」など、従来の常識とはまったく違うものです(詳しくは先生の著書「スキルアップする筋肉の使い方育て方」に書かれています)。

わたしの身体は華奢だし、力も弱く、運動神経も良くありません。いままでは、生活のいろんなところで、弱い力をカバーするために踏ん張って、頑張り過ぎてコリをつくるような身体の使い方を、無意識にしてきてしまったように思います。

だけど、この身体を選んで生まれてきたということは、この身体に合った、もっと軽やかな身体の使い方で十分に生きていけるはず。ママ先生に教えてもらって、力は必要ないことがだんだんとわかってきたので、いまは、身体に負担をかけず、長時間続けても疲れないよい姿勢と、無駄のない筋肉の使い方を身に付けたいと思っています。

おかしな姿勢や、変な力の使い方がコリをつくってしまうことが、身をもってよくわかったからです。

そんなわけで、いまのテーマの椅子に座る姿勢の改善について。わたしはついつい頑張って姿勢よくしようとしてしまうのですが、本来、どこにも力が入っていないのがよい姿勢で、だから長時間座っていても疲れないのです。ママ先生を観察してみると、本当にラクそうにスッと座っています。

わたしはというと、気を抜くとついつい、背もたれにもたれて、ずるずるとお尻が前へ滑ってしまい「しまった、またやってしまった」と反省して座り直すことの繰り返し。それでも先週よりは今週のほうがすこしマシになったかなと思います。

「いっそ背もたれのない椅子に変えればいいのでは?」と思って調べていたら「アーユルチェアー」という椅子を見つけました。無理せず正しい姿勢で座れるようになり、座っているうちに、正しい姿勢に必要な筋肉がつくのだとか。いまのわたしには、夢のような椅子です。無料お試しサービスがあるので、申し込みしてみようかなとも思ったのですが、原宿にショールームがあるようなので、もう少し体力が戻ったら、体験しに行ってみたいなと思っています。興味のある方は、下記バナーから。使ったことのある方がいらしたら、ぜひ使用感など教えてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA